2015/08/19

SONY a7RIIで4K動画を撮る

a7RIIになって、ようやく4Kの内部収録が可能になっています。a7RIIの売りはSuper 35mmモードでビニング処理のない全画素読み出しに対応していることなんですが、撮り比べてみても映像の解像感については明確な差異を感じませんでした。海外のレビュー等を見ると、ローリングシャッターや高感度ノイズの抑制に差があるようです。
ちなみに、フルフレームとSuper 35mmの画角は、こんな感じに変化します。
Super 35mm
フルフレーム
まだ暑いので日中の撮影は少ないですが、いろいろ撮影してみて4Kの映像の解像感は十分に満足いくものでした。銀座での撮影はAnamorphotを使用しています。
Loxiaは、なぜか開放のF2がF22と表示されてしまいました。
Loxia 2/50
Super 35mm
Loxia 2/50 + Anamorphot
Loxia 2/50
Loxia 2/50 + Anamorphot
FE16-35mm
FE16-35mm
撮影時はa7Sと同様にS-log2(PP7)を使用しました。a7Sの最低感度がISO3200だったのに対し、a7RIIではISO800と撮りやすくなっています。ノイズリダクションの後処理をしない前提だと、感度はISO6400あたりが上限ではないかと思います。
なお、撮影時はa7Sと同様に+1.0~+2.0EVの露出オーバーで撮影してみました。

カラーグレーディングは、LUTをあててLumetriカラーで調整です。
元の絵
調整レイヤーでLUTをあてる
コントラストとハイライトを抑え、シャドーを持ち上げる
RGBカーブで赤を抑える
高い買い物でしたが、タイムラプスを含めて期待通りの結果を得ることができました。これで、あと一年は戦えそうです。

SONY a7RII Video Test

camera : SONY a7RII
lens : Carl ZEISS Loxia 2/50
lens : SONY FE 16-35mm F4 ZA OSS
anamorphic adapter : SLR Magic Anamorphot 1.33x 50
color grading :
VisionColor ImpulZ(http://www.vision-color.com/impulz/) Kodak Vis3 50D 5203 (DP)_FPE @night
DELUTS(http://deluts.businesscatalyst.com/) Lancaster @day
music : The Invisible by Roger Subirana Mata
https://www.jamendo.com/en/track/1215025/the-invisible
コメントを投稿