2015/06/23

SLR Magic Anamorphot 2xで撮影した動画をまとめる

KIPONのAF対応マウントアダプターを手に入れたので、Canonの40mmでいそいそと夜の渋谷へ撮りに行ったのですが、残念ながら良好な結果が得られませんでした。
パンケーキの40mmならサイズが抑えられると思ったのですが・・・
糸巻き型の歪曲が発生し、絵の両端が劣化します。
右の電柱が曲がっている
絵の両端が流れる
やはり、仕様どおりにマイクロフォーサーズの場合は35mmのレンズが最適のようです。

せっかくなので、これまで様々なレンズを使用して撮影した動画をまとめてみました。
これまでに作成した動画は、4:3のアナモルフィックで撮影した3328x2496の映像を縦方向に50%縮小した3328x1248=2.66:1のアスペクトレシオでした。
今回は、現在のシネマスコープの標準である2.39:1のアスペクトレシオで2982x1248のサイズにしています。また、Adobeの2アップデートでPremiere Proに追加されたLumetriカラーも使用してみました。Lightroomと同様な設定でコントラストやハイライトなどを調整できます。
右上がLumetriカラーの設定
以下、これまでにAnamorphot 2xと組み合わせて使用したレンズについて、簡単に書いておきます。
OLYMPUS の25mmの場合は、樽側の歪曲が目立ち、絵の両端が劣化します。
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
SIGMAの30mmの場合は、OLYMPUSの25mmより歪曲が改善されますが、やはり絵の両端が劣化します。
SIGMA 30mm F2.8 DN
SIGMA 30mm F2.8 DN
SIGMA 30mm F2.8 DN
SIGMA 30mm F2.8 DN
SLR Magicの35mmは、色収差が目立ち、中央付近以外の絵が劣化します。買って後悔したレンズは久しぶりです。
SLR Magic 35mm T1.4 Cine Mark II
Panasonicの35-100mmは、35mmを使用すれば問題ありません。35mm以上の焦点距離だと徐々に絵の両端が劣化し始めます。また物理的にも長くなってしまいます。
Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8
Canonの35mmは問題ありません。今後はこれを使うことになると思います。
Canon EF35mm F2 IS USM
Canon EF35mm F2 IS USM
Canon EF35mm F2 IS USM
Canon EF35mm F2 IS USM

SLR Magic Anamorphot 2x Tokyo and Yokohama

 camera : Panasonic GH4
lens : OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
lens : SIGMA 30mm F2.8 DN
lens : SLR Magic 35mm T1.4 Cine Mark II
lens : Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8
lens : Canon EF35mm F2 IS USM
lens : Canon EF40mm F2.8 STM
music : Where The Roads Cross by Anne Davis
http://www.jamendo.com/en/track/1107410/where-the-roads-cross
LUT : VisionColor ImpulZ(http://www.vision-color.com/impulz/) Kodak Vision3 50D 5203 (DP) @night
      DELUTS(http://www.deluts.com/) Liverpool @day



コメントを投稿