2012/10/21

RX100で微速度撮影を試す

RX100では、インターバル撮影機能がなく、リモコンやレリーズ端子も用意されていないため、単体では微速度撮影ができません。連写はできますので、シャッタースピードを調整できれば、シャッターボタンを押しっぱなしで一定間隔での撮影が可能です。以前、PENTAX K-xで使っていたVixenのレリーズブラケットが手元にあるため、これでシャッターボタンを押しっぱなしにして、夜の微速度撮影を試しました。
レリーズブラケットでシャッターボタンを押しっぱなしにする
撮影中に背面液晶が消せないため、気になっていたバッテリーの持ちですが、この日の撮影では約4000枚の撮影枚数で、電池残量は1目盛分減った程度。自分の撮影方法においては問題なさそうです。
連写機能を使うと昼の撮影ではNDフィルターが必須になりますが、現状フィルターを取り付けられるアダプターが下記の2種類販売されています。
 Carry Speed MagFilter Threaded Adapter Ring
  Lensmate RX100 Quick-Change Adapter Kit
Lensmateのほうは国内でもオリエンタルホビーというお店で取り扱いがあり、とりあえず購入。この日の撮影には間に合いませんでしたので、いずれ試してみます。
取り付けは両面テープで止める
あまり絞ると解像感が落ちるはずなので、撮影時にはF4~F5.6程度の設定としました。全て広角端(換算28mm)での撮影です。撮影対象が明るい被写体だったので、ISOは125で撮れました。
F4/SS:1sec/ISO:125
F5.6/SS:2sec/ISO:125
F4/SS:1sec/ISO:125
F4/SS:1sec/ISO:125
F4/SS:1sec/ISO:125
F5/SS:1sec/ISO:125
F5.6/SS:1sec/ISO:125
RX100 Time Lapse Test(continuous shooting)

camera : SONY DSC-RX100 with Vixen Cable Release Bracket
music : Quartz by Anitek
http://www.jamendo.com/en/track/939257/quartz



コメントを投稿