2012/09/02

Motion Controlな撮影機材を検討する

編集で擬似的に動きは出せるのですが、やはり、電動のスライダーを使っての映像とは違うものになってしまいます。いずれは、こんな感じに撮りたい



と思っていたので、これまでいろいろ調べてきた結果、
Genie + Varavon Slidecam Lite(60cm)
の組み合わせに決めました。

この手の機材は、
MOTION-CONTROLLED TIMELAPSE GEAR OVERVIEW
に、ざっくりとまとめられてます。他にも、先ほどの動画を作ったBenさんの自作スライダーをベースにした手作り感バリバリのpocket sliderや、腕に覚えがあればigusを使って自作する方法もあったりするようです。ただし、Pocket Dolly以外はいずれも大きすぎたり(1m以上)、重すぎたり(OmniSliderは0.5mで5.8kg)と、電車での移動等も考慮すると自分の用途に合いません。

となると、Pocket Dolly TRAVELER(75cm)となるのですが、
Pocket Dolly v2.0 TRAVELER
本体がクランクなしで$479.95に加え、電動コントローラは基本機能版で$695.95、高機能版で$1,314.95となり、ちょっと躊躇するお値段です。できればパニング(横方向の動き)も欲しいと迷っていたところ、現れたのがGenie($690)でした。
Genie motion control time lapse device
既存のスライダーを電動化でき、単体で三脚に載せればパニング動作、微速度撮影用のシャッターコントロールや、撮影パターンのプリセット等もできる賢い奴。これまで、スライダーの電動化はそれぞれのメーカー専用キットでしかなかったはずですので、画期的とも言える機材です。
5月に速攻でKickstarterで注文しましたが、入手できるのはもう少し先になりそうです。

後はこれに組み合わせるスライダーで、長さは70cm前後を条件とした場合の主な候補は以下のようになります。
Glidetrack SD Hybrid Slider
75cm - $444.27
weight:1.7kg Maximum Load:不明
Glidetrack SD Hybrid Slider
Pocket Dolly v2.0 - TRAVELER
75cm - $479.95(クランクなし) $629.95(クランク付き)
weight:2.27kg Maximum Load:6.8kg
Pocket Dolly v2.0 - TRAVELER
VARAVON SLIDECAM Lite
60cm - $329.99
weight:1.25kg Maximum Load:9kg
VARAVON SLIDECAM Lite
Konova Slider K5
60cm - $429.00
weight:2.5kg(80cm) Maximum Load:23kg
Konova Slider K5

上に載せる機材の一番重いパターンとしては、
  Genie : 1.4kg
 SIGMA 12-24mm + 5D3 : 1.6kg
  雲台 0.570kg
の合計3.57kg程度ですので、いずれもスライダーでも問題なし。

自分が重視する軽さの点では、VARAVON SLIDECAM Liteとなるのですが、VARAVONってあまり聞いたことがないと思ったら、お隣の韓国のメーカーでした。ググって見るとCheesyCamに以下の記事があり、結構いけてるようですので、これに決めました。
Varavon Slidecam Lite - Awesome

これがSlidecam Liteを使った動画です。60cm程度の長さでも、構図を工夫すればこのように映像に動きを出せます。


国内ではSYSTEM5で取り扱いがあり、お値段は27,300円。お取り寄せとあるのですが、注文して3日で届きました。後で気づいたのですがeBayでは$258で売られていて、日本円(為替レート78.37)だと20,219円ですので、こちらのほうがお得です。

Genieがまだ届いていないので、GH2の動画で試してみることにします。

コメントを投稿