2011/11/21

帰ってきたお台場ガンダムの映像制作をはじめました

フジテレビ近くのダイバーシティ東京で建造中のお台場ガンダム。早速、動画を撮りに行ってきました。今後、建造過程を追っかけていきたいと思います。
今は足の骨組みが立っているだけです
以前は「青海Q街区計画」というかっこいい名前だったらしい
Qって何?
Life-size GUNDAM returned to Odaiba. Construction has begun.

camera : Panasonic DMC-GH2
lens : Nokton 25mm F0.95
lens : OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
lens : LUMIX G VARIO HD 14-140mm
music : Missing parts by Kammerer
http://www.jamendo.com/en/track/829028

この場所、夏のバラバラ展示のすぐそばなのですが、映像を見返すとちゃんとガンダムの頭はダイバーシティ東京の方を見ていました。
夏の展示の映像
ガンダムの頭はダイバーシティ東京をちゃんと向いている
また、背後の建物の白を基調とした塗り分け方が、ガンダムの外装の配色とそっくりな状態で、偶然というには出来すぎです。
夏の展示の映像
ふくらはぎ部分
背景の建物の外装も3種類に塗り分けている
夏の展示は、何も知らない自分にとっては唐突なものに見えたのですが、このような状況を見ると以前からこういう計画があったのではないかと伺えます。また、夏に展示したパーツをそのまま使用するのであれば、静岡バージョンではなく、お台場バージョンのコーションマークが付きそうです。

ビニールシートに包まれているので全てを確認することは出来ませんでしたが、工事中の現場には頭部も含めてほぼ一通りのパーツがそろっているようでした。
ひざのあたり
胸の骨組み

微速度撮影も試していますが、周りに木があるためちょっと勝手が違いました。また、背景の空の見通しが悪いのも残念。ただ、静岡のように壁で囲まれていないので、構図の自由度はありそうです。
クレーンと一緒に
周りに木を、どう生かすかが課題
ガンダムに向かって右手から
夕暮れはこの方向を撮ることになりそう
完成時はこれくらいで全身が入るはず
背景の空の見通しはいまいち


コメントを投稿