2011/11/02

さようならラジオ会館

老朽化により解体されるラジオ会館の最後の姿を微速度撮影しました。「世界のラジオ会館 秋葉原」のネオンは電気街口の象徴ともいえる存在ですが、3.11の震災後、点灯したのはこの3日間だけとのことです。
ネオンの点灯もこれが最後
ラジオ会館にめり込んでいる物体はシュタインズゲートに登場する、FG204と呼ばれるタイムマシンだそうです。道行く人が皆、記念撮影していました。実物大ガンダムもそうですが、アニメやゲームに登場する空想の産物を実体化するという日本の得意技。人によっては無駄に見えるかもしれませんが、こうゆうことが出来る余裕のある日本は、いまだに恵まれた国だと再認識させられます。
雲がのっぺり気味だったので、RAWで撮ってPhotomatixProで擬似HDR
Time Leaped Akihabara

camera : PENTAX K-5
lens : Pentax DA15 F4 ED AL Limited
music : Air For Trance (Original Mix) by Jonathan Araldi
http://www.jamendo.com/en/track/819223

ついでに撮っておきました
昼もネオンが点灯
中央通りの方から
そういえばガンプラ焼きをまだ食べたことがなかったような
みんな並んでました
暗くなってきて、ネオンが目立ち始めます
エスカレータのところが結構面白い
みんな見上げるか、写真を撮ってます
冒頭のシーンをもう一度

コメントを投稿