2010/07/06

GH1でCustom Firmwareを試す その2

新しいfirmwareの設定で意気揚々と東静岡に乗り込んだが、ちょっと残念な結果になった。

■今回の目的と結果
1.AVCHDの安定運用
・1080p24の安定動作
ダメだったorz
SDHCカードへの書き込みが失敗したのは、下記の映像を撮ったとき。
線路の向こうにガンダムを臨む(三脚使用)

前回の失敗例と似ていて、細かい線状のパターンが画面の多くを占有すると、ビットレートが上がりすぎてしまうようだ。念のため、帰りがけに三脚を使用せず手持ちで撮影するとうまくいく場合もあり、ちょっと考えどころ。
・ステディカム撮影で使用する720p60の安定動作
OKです。
こちらは特に問題なかったので、一安心。

AVCHDでの撮影で得られたビットレートは、以下の通り。
720p60  min:16.4Mbps max:27.8Mbps
1080p24 min:10Mbps max:35.1Mbps

1080p24で撮ってまとめたのが、この動画。ステディカム撮影の動画は編集中。


2.MJPEG 720p30での安定運用
OKであったが、カラーサンプリング4:2:2の映像が特別綺麗に感じなかった。風景撮りっぽいのは合わないのかも。低フレームレートでの夜景撮影はまだのため、いずれ試すつもり。
MJPEGでの撮影で得られたビットレートは、以下の通り。
720p30 min:67.23Mbps max:78.41Mbps

■次への課題
以下の3案でちょっと悩み中。
・ある程度割り切って、このままの設定でいく。
・ビットレートの上限を下げてみる。
・ptoolが3.37dになってるので試してみる。
コメントを投稿