2011/05/30

雨の横浜ランドマークタワーから微速度撮影

台風の接近で降りだした雨の中、横浜ランドマークタワーの展望台から微速度撮影してみました。期待通り、展望台から雲(霧?)越しに地表を見下ろすことができ、これを利用して雲の上を飛んでいるような映像に仕上げています。自分の脳内では、ブレードランナーに登場するポリススピナーに乗っていますw
観覧車は節電モードで、時間ごとの演出はなく外周のみ緑の照明が点灯していました。 また、20:30ごろには時計の表示を残して消灯します。
次の日、六本木ヒルズにも行ってみたのですが、残念ながら同じような絵を撮ることはできず、途中で雨も強くなってしまったため、今回の動画では使用していません。

編集し直してvimeoに置きました。6/6頃までダウンロードできます。

A rainy day, the clouds flowing below the observatory. I feel like flying on the police spinner.
location : Yokohama Landmark Tower observatory “SKY GARDEN"
camera : Canon EOS 5D Mark II
lens : Canon EF24mm F2.8
music : Return To Monument Valley (Horizon Mix) by JCRZ
http://www.jamendo.com/en/track/784523



ヘリポートから飛び立ちます
桜木町駅方面はこれ以外のタイミングでは、視界が悪く撮れませんでした
今回の会心のショット
雲の中を突き進みます
ビルの頭を掠める様に
商業施設が建つようです
海側
またまた雲の中を突き進みます
観覧車は節電モードで外周のみの照明
パシフィコ横浜
同じ方向の夜景
雲に隠れる観覧車
夜になるとかなり視界が悪くなりました
最後にヘリポートに降ります

2011/05/22

光が戻った夜の東京タワー

震災から2ヵ月後を経過した5/11から、東京タワーのライトアップが再開されました。使用する電球を少なくして、通常より50%~65%削減した電力消費での運用とのこと。6/30までの金曜・土曜・日曜・祝日は、 
19:00~20:00(1時間)「ランドマークライト」
20:00~22:00(2時間)「ダイヤモンドヴェール(ピュア・グリーン)」
と途中で照明が切り替わります。19:00の点灯から22:00の消灯までを、六本木ヒルズと芝公園付近から微速度撮影してみました。

vimeoでダウンロードできます(5/30まで)



camera : Canon EOS 5D Mark II
lens : Canon EF24mm F2.8
lens : MC ARAX 2.8/35mm Tilt & Shift
lens : Canon EF50mm F1.8 II
music : Ibiza's Flow (I miss you) by Awakenas
http://www.jamendo.com/en/track/617097

19:00の点灯直後
いつもは手前の首都高あたりにピントを合わせますが、今日は東京タワーが主役
暖かい光が周囲を照らします
照明の切り替え前
一度消灯して
再点灯
穏やかな光になります
芝公園前、ちょっと合成っぽいw
赤羽橋の交差点
22:00になると下から消灯し始めます

2011/05/15

渋谷で微速度撮影

渋谷駅の東口の歩道橋から微速度撮影をしてみました。俯瞰で撮る際に、普通に撮るかティルトをかけるか迷ったのですが、映像の印象が柔らかくなるティルトでの撮影にしました。以下の2つの画像は同じ場所から撮ったものですが、受ける印象はかなり違うと思います。
ティルトなし
ティルトあり
ただ、展望台から撮る場合に比べると、ピントを合わせる位置の選択が難しく、それほどミニチュア感が得られないシーンもありました。これは、今後の課題としたいと思います。

歩道橋での撮影を一通り終えて、ふとスクランブル交差点の様子が気になって向かってみると大型ビジョンが稼動し、明るい渋谷が戻ってきていたので撮っておきました。一部の看板の照明などは、まだ消灯したままです。
5/14の様子
4/16の様子

ちょっと編集し直してvimeoに置きました。5/24ごろまで動画ファイルがダウンロードできます。



camera : Canon EOS 5D MarkII
lens : TS-E24mm f/3.5L
lens : Canon EF50mm F1.8 II
music : Those 3 Lovely Seconds (Original Mix) by Awakenas
http://www.jamendo.com/en/track/617099

夕暮れの空の色が次第に変化します
東横線のホーム このシーンのみ50mmで撮影
今回、一番ミニチュア感のあるシーン
交差点の中央はこのように車が止まることが少ないので、
ミニチュア感がより出しにくい
昼はSS:0.5sec、夜はSS:1secで撮影
明るくなったスクランブル交差点

銀座線を狙ったのですが、ミニチュア感を出すには無理がありました
スクランブル交差点
右側にちょっと見えるのが建設中の渋谷ヒカリエ

大さん橋と山下公園と象の鼻パークの昼と夕暮れと夜

赤レンガ倉庫も含めてこのあたりは自宅から30分程度で行けるので、新しくカメラやレンズを買ったときによく試し撮りにいく場所ですが、GH2で改めて撮ってみました。ぱしふぃっくびいなすの入港の様子を微速度撮影したのですが、思ったよりスピードが速くてちょっと慌てました。


一部の色を再調整してvimeoに置きました。

Osanbashi is the main international pier at the Port of Yokohama.
camera : Panasonic DMC-GH2
lens : Voigtlander NOKTON 25mm F0.95
lens : Lumix G Vario 7-14mm
music : Human Feelings by mindthings
http://www.jamendo.com/en/track/96702


camera : Panasonic DMC-GH2
lens : Voigtlander NOKTON 25mm F0.95
music : When I Look At You by DANIEL H
http://www.jamendo.com/en/track/655020

ぱしふぃっくびいなすの入港を微速度撮影
ちょうどカメラの前で旋回をしてくれました
夕暮れのみなとみらい方向
象の鼻パーク越しに見えるのがぱしふぃっくびいなす
スッポリはまってガッツポーズです
穏やかな海でした
氷川丸
夕暮れです

2011/05/07

TechnicolorのCineStyleを試してみたが...

CanonのDSLR用のピクチャースタイルがTechnicolorからリリースされたので試しに使ってみました。結論から言うと、素人の自分には使うメリットがありませんでした。レンダリングに時間がかかり、撮影時にも注意が必要です。導入方法の解説は、以下のブログが一番わかりやすいと思います。
あの “テクニカラー” が開発した 5D MarkII 用ピクチャースタイル

自分はAdobe Premiere Proを使っているので、編集時のLUTの読み込みにはRed Giant Software 社が無償配布している Magic Bullet LUT Buddyプラグインを使用しました。このプラグインを使用するとクラッシュしやすくなる場合があるようですが、LUTファイルの読み込み後にCONVERTボタンを押すことで回避できるようです。

編集時にLUTを適用すると撮影した映像が以下のように変化します。ただし、プレビューなどのレンダリング時間がかなり長くなります。自分の環境では5秒のクリップで90秒程度を要しました。
CineStyleでの撮影結果
LUT適用後
なお、撮影はアンダー気味にとの注意があるように、白飛びさせるのは御法度のようで、いくつかのシーンでは以下のようにLUTを適用すると空が異常な色になりました。
空の一部の黄色や赤に
空の一部が黒に
グレーディング前提のプロ用としてダイナミックレンジを確保する、というのがCineStyleの目的とのことで、そもそも自分には向かないものだったのですが、撮った映像を編集してみても素人目にはこれを使う優位性を感じませんでした。今後は使わないと思います。



撮影場所は今年100周年を迎える横浜の赤レンガ倉庫です。5/8まで開催されているフラワーガーデンは、震災で被災した福島県南相馬市の明治テックが設営を担当されたとのことです。